大阪の弁護士事務所法律相談 小原・古川法律特許事務所

小原・古川法律特許事務所に関するよくある質問

お問い合わせ

受付時間 平日 9:00〜19:00 土曜 9:00〜17:30 ※予めご予約の上、ご来所ください

小原・古川法律特許事務所について

弁護士等紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

法人のお客様
  • 国際紛争・英文契約
  • 企業法務
  • 知的財産
  • 企業倒産・民事再生
個人のお客様
  • 離婚・国際離婚
  • 外国人トラブル
  • 相続・国際相続
  • 交通事故・その他依頼
セミナーのご案内

外部リンク

  • 離婚解決NAVI
  • 国際紛争解決
  • 在留資格・入管サポート
  • OLO英文契約
  • マイベストプロ大阪
  • R MEMBER
HOME»  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問一覧

相続・国際相続 Q20,生命保険金は相続の対象となりますか。
相続・国際相続 Q19,生前、被相続人の療養看護に努めたり、その財産の維持又は増加に貢献してきた人の相続分はどうなりますか。
相続・国際相続 Q18,特別受益とされる財産は何ですか。
相続・国際相続 Q17,相続人の中に生前に特別な贈与を受けた者がいる場合にはほかの相続人との関係はどのようになるのでしょうか。
相続・国際相続 Q16,相続人間の協議で分割できない場合の調停とか審判はどのようにして進められるのですか。
相続・国際相続 Q15,遺言のない場合は全相続人の協議により遺産を分割するとのことですが、具体的にはどのようにするのですか。
相続・国際相続 Q14,遺産分割の前に預金を引き出すことができますか。
相続・国際相続 Q13,遺産分割の前に勝手に財産を処分することはできますか。
相続・国際相続 Q12,財産の承継を否認することはできますか。
相続・国際相続 Q11,相続財産を承継する場合にはどうすればよいのでしょうか。
相続・国際相続 Q10,父は多額の債務を残して死亡しましたが、もし債務が財産より多い場合には、相続人が返済せねばならないのでしょうか。
相続・国際相続 Q9,胎児の相続分を含めて遺産分割協議をすることはできますか。
相続・国際相続 Q8,内縁の妻も相続することはできますか。
相続・国際相続 Q7,相続欠格や排除とはどのような制度でしょうか。
相続・国際相続 Q6,婚姻外で生まれた子や異母兄弟の法定相続分はどのように定められていますか。
相続・国際相続 Q4,代襲相続とは何ですか。
相続・国際相続 Q3,法律では遺産を相続する者としてはどのように定められているのでしょうか。
相続・国際相続 Q2,相続の基本的な過程について教えてください。
相続・国際相続 Q1,人が死亡するとその後の相続や遺産分割の手続きはどのように進むのでしょうか。
  • 1
  • 2