小原・古川法律特許事務所

Q32,遺留分を侵害する遺言は直ちに無効になるのですか。 | 大阪の弁護士事務所法律相談なら小原・古川法律特許事務所へ

お問い合わせ

受付時間 平日 9:00〜19:00 土曜 9:00〜17:30 ※予めご予約の上、ご来所ください

小原・古川法律特許事務所について

弁護士等紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

HOME »  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問

Q32,遺留分を侵害する遺言は直ちに無効になるのですか。

相続・国際相続

遺留分減殺請求は、権利が行使されてはじめて効果が生じるものとされており、自動的に減殺の効果が生じるということはありません。

遺留分減殺請求権の行使は相手方に対する意思表示によってなせば足り、必ずしも裁判上の請求による必要がないとされています。

そのため、遺留分を侵害されている相続人は、遺留減殺請求権を行使する旨の意思表示をする必要があります。

なお、Q25で述べたとおり、遺留分減殺請求権の行使には期間制限がありますので、この意思表示を行う場合には確定日付のある書面によって行うべきであると考えられます。

 

一覧に戻る