小原・古川法律特許事務所

Q2,私は、アメリカから子供を連れて帰国しました。夫はアメリカ人ですが、日本の裁判所に訴訟提起できますか。 | 大阪の弁護士事務所法律相談なら小原・古川法律特許事務所へ

お問い合わせ

受付時間 平日 9:00〜19:00 土曜 9:00〜17:30 ※予めご予約の上、ご来所ください

小原・古川法律特許事務所について

弁護士等紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

HOME »  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問

Q2,私は、アメリカから子供を連れて帰国しました。夫はアメリカ人ですが、日本の裁判所に訴訟提起できますか。

国際離婚

当事者の一方が外国人の場合、どちらの国の裁判所が裁判すべきかという、国際裁判管轄の問題があります。

国際離婚訴訟においても、原則は被告の住所地で裁判をすることになります。したがって、相手方がアメリカ人であっても日本に住所を有していればその住所地を管轄する日本の裁判所に訴訟提起できます。アメリカ在住であれば、アメリカの裁判所に訴訟提起することになります。

しかし、相手がアメリカに居住している場合であっても、例外的に原告が被告に遺棄された場合又は被告が行方不明の場合その他これに準ずる場合において、原告の住所が日本にあるとき等も、日本の裁判所に裁判を提起できる場合があります。

 

一覧に戻る