小原法律特許事務所

小原法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で、弁護士にお繋ぎいたします。
ご相談の内容によっては、対応できない事案もございますので予めご了承ください。

小原法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

法人のお客様
  • 国際紛争・英文契約
  • 企業法務
  • 知的財産
  • 企業倒産・民事再生
個人のお客様
  • 離婚・国際離婚
  • 外国人トラブル
  • 相続・国際相続
  • 交通事故・その他依頼
セミナーのご案内

外部リンク

  • 離婚解決NAVI
  • 国際紛争解決
  • 在留資格・入管サポート
  • OLO英文契約
  • マイベストプロ大阪
  • R MEMBER
HOME»  新着情報

新着情報

 

新着情報

2014/02/27ハーグ条約加盟と国際家事調停〜在外邦人に対する法的支援

離婚・国際離婚

国際結婚が破綻しても、一方の親が他方の親の同意を得ずに、国境を越えた子の連れ去り等をせず、子の常居所地国における調停、訴訟等により離婚に伴う一切の問題を解決することが望ましい。しかし、現実は外国では訴訟費用等が非常に高額となることから弁護士に依頼することもできずに困っている在外邦人が多数いる。ハーグ条約が採択された1980年頃と異なり、最近では国際結婚及びそれに伴う国際離婚の数も著しく増えている。これら在外邦人、特に経済的弱者を支援するために、在外領事館の数を増やし、日本の弁護士を多数採用し(書記官その他として)、領事館に法律相談窓口を常設し、日本司法支援センター(法テラス)とも協力し(法テラスの活動範囲を海外にも拡大する)、現地の弁護士との連携の下に在外邦人に対する法的支援の体制を充実することが、結果的には子の連れ去りを未然に防ぐことになり、日本人妻等の弱者を海外で出口無しの苦境に堕ちるのを助けることになると思われる。(公表済の原稿に一部加筆・修正)

 

一覧に戻る