小原法律特許事務所

小原法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

電話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で弁護士にお繋ぎ致します。
また、弁護士が来客中等の場合は後程ご回答させていただくことがございます。ご了承くださいませ。

小原法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

法人のお客様
  • 国際紛争・英文契約
  • 企業法務
  • 知的財産
  • 企業倒産・民事再生
個人のお客様
  • 離婚・国際離婚
  • 外国人トラブル
  • 相続・国際相続
  • 交通事故・その他依頼
セミナーのご案内

外部リンク

  • 離婚解決NAVI
  • 国際紛争解決
  • 在留資格・入管サポート
  • OLO英文契約
  • マイベストプロ大阪
  • R MEMBER
HOME»  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問一覧

離婚 Q19,親権者でない親と子の面接交渉はどのようになるのですか。
離婚 Q18,夫が失業中だったため、養育費を請求していない時期がありますが、最近仕事を始めかなりの年収を得ているようです。過去の養育費を請求できますか。
離婚 Q17,元夫が調停で合意した養育費を支払わなくなりました。お金がないと言い訳をしますが、仕事を辞めたわけではなさそうです。なんとか支払ってもらう方法はありませんか。
離婚 Q16,離婚に際し養育費を決めましたが、収入が激減しました。それでも定められた養育費を支払わなければならないのでしょうか。
離婚 Q15,子の養育費の相場ないし基準はあるのでしょうか。
離婚 Q14,離婚に際し、夫が親権者、妻が監護権者と定めることはできますか。
離婚 Q13,離婚しようとする夫婦に未成年の子供がいる場合、その子供の親権者にはどちらがなるのですか。
離婚 Q12,離婚にはある程度の別居期間が必要ですか。
離婚 Q11,夫が外に愛人をつくり、家を出て相当期間が経過しましたが、その夫が離婚を求めています。このような夫からの離婚請求も認められるのでしょうか。
離婚 Q10,D.V.(家庭内暴力)は離婚原因となりますか。
離婚 Q9,私達夫婦は性格が合わないため離婚を考えていますが、性格の不一致も離婚原因になるのでしょうか。
離婚 Q8,「その他婚姻を継続し難い重大な事由」とはどのような場合でしょうか。
離婚 Q7,私の夫は離婚すること自体を争っていますが、このような場合でも、裁判で離婚が認められるのでしょうか。
離婚 Q6,離婚訴訟の場合にはどの裁判所に申立てればよいのですか。
離婚 Q5,法律では各相続人の相続分については、どのように定められているのでしょうか。
離婚 Q4,私は離婚するつもりがないのですが、夫が勝手に離婚届を出してしまうかもしれません。どうすればよいですか。
離婚 Q3,調停でまとまらない場合には、どうなりますか。
離婚 Q2,家事調停は当事者の話し合いということですが、相手と顔を合わせて話し合いをしなければならないのですか。
離婚 Q1,私は3人の子供のある主婦ですが、最近主人との折り合いが悪く離婚を考えているのですが、離婚をするためにはどのような手続が必要なのでしょうか。
  • 1
  • 2