小原・古川法律特許事務所

Q52.返還裁判の結果、子の返還を命じる判断がなされましたが、TPが子を任意に引き渡しません。どうすればよいのですか。 | 大阪の弁護士事務所法律相談なら小原・古川法律特許事務所へ

お問い合わせ

受付時間 平日 9:00〜19:00 土曜 9:00〜17:30 ※予めご予約の上、ご来所ください

小原・古川法律特許事務所について

弁護士等紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

HOME »  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問

Q52.返還裁判の結果、子の返還を命じる判断がなされましたが、TPが子を任意に引き渡しません。どうすればよいのですか。

国際離婚

家庭裁判所は、申出によって、子の返還義務の履行状況を調査し、返還義務の履行を勧告することができるとされています(実施法121条)。したがって、この履行勧告の制度を利用することが考えられます。

 

一覧に戻る