小原・古川法律特許事務所

Q51 .返還裁判のために相手方が日本に来ています。相手方は子のパスポートを持っていると思います。子供が連れ去られないか不安ですが、なにか方法はありますか。 | 大阪の弁護士事務所法律相談なら小原・古川法律特許事務所へ

お問い合わせ

受付時間 平日 9:00〜19:00 土曜 9:00〜17:30 ※予めご予約の上、ご来所ください

小原・古川法律特許事務所について

弁護士等紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

HOME »  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問

Q51 .返還裁判のために相手方が日本に来ています。相手方は子のパスポートを持っていると思います。子供が連れ去られないか不安ですが、なにか方法はありますか。

国際離婚

相手方が子が名義人となっている旅券を所持すると認められる場合には、家庭裁判所に対する申立により、裁判所は、当該旅券を外務大臣に提出することを命じることができるとされています(実施法112条2項)。この命令を得れば、子が外国へ連れ去られることを防ぐことができます。

 

一覧に戻る