小原・古川法律特許事務所

Q47.返還裁判を申立てられました。私は裁判で返還についてのみ判断されるのであれば、今後のことも含めて相手と話し合ってみたいのですが、どうすればよいのでしょうか。 | 大阪の弁護士事務所法律相談なら小原・古川法律特許事務所へ

お問い合わせ

受付時間 平日 9:00〜19:00 土曜 9:00〜17:30 ※予めご予約の上、ご来所ください

小原・古川法律特許事務所について

弁護士等紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

HOME »  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問

Q47.返還裁判を申立てられました。私は裁判で返還についてのみ判断されるのであれば、今後のことも含めて相手と話し合ってみたいのですが、どうすればよいのでしょうか。

国際離婚

裁判所は当事者の同意を得て、職権で事件を家事調停に付することができると定めており、調停終了まで裁判を中止できるとしています。調停では離婚、親権、面会交流など具体的に話し合うことが可能です。

 

一覧に戻る