小原法律特許事務所

小原法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で、弁護士にお繋ぎいたします。
ご相談の内容によっては、対応できない事案もございますので予めご了承ください。

小原法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

法人のお客様
  • 国際紛争・英文契約
  • 企業法務
  • 知的財産
  • 企業倒産・民事再生
個人のお客様
  • 離婚・国際離婚
  • 外国人トラブル
  • 相続・国際相続
  • 交通事故・その他依頼
セミナーのご案内

外部リンク

  • 離婚解決NAVI
  • 国際紛争解決
  • 在留資格・入管サポート
  • OLO英文契約
  • マイベストプロ大阪
  • R MEMBER
HOME»  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問

Q65,私は適法に日本に在留していますが,私の夫は現在不法滞在者です。生まれた子供の在留資格はどうなりますか。

外国人雇用・入管サポート

片親が不法滞在となっている場合,子どもの出生届けを提出せず,子の在留資格を取得しないケース多く見受けられます。

 しかし,在留資格を保有せずに在留できる期間は60日以内と定めら れていることから,何もしない場合はその子は出生後60日を超えた時から不法残留となってしまいます。母親が適法に在留している場合には,その子供については在留資格の取得が許可される可能性が高いので必ず在留資格取得申請を行うようにしましょう。子供の在留資格は親の在留資格に照らして定められ定住や家族滞在の在留資格が認められることになります。

 

 

一覧に戻る