Q62,私は日本人ですが,外国人の子を養子にした場合「日本人配偶者等」の在留資格で日本に呼び寄せることはできますか。| よくあるご質問 | 弁護士をお探しなら大阪にある小原・古川法律特許事務所へご相談ください。交通事故の示談や在留資格などといったご依頼など承っております。

小原・古川法律特許事務所

小原・古川法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原・古川法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で、弁護士にお繋ぎいたします。
ご相談の内容によっては、対応できない事案もございますので予めご了承ください。

小原・古川法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

HOME »  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問

Q62,私は日本人ですが,外国人の子を養子にした場合「日本人配偶者等」の在留資格で日本に呼び寄せることはできますか。

外国人雇用・入管サポート

「日本人配偶者等」の「子」には,養子の場合特別養子でなければならず,普通養子は含まれません。ですので,特別養子縁組の場合は日本人配偶者等の在留資格に該当しますが,普通養子縁組の場合は日本人配偶者等の在留資格に該当しません。普通養子の場合には「定住者」の在留資格で呼び寄せることになります。

特別養子とは養子が戸籍上も実親との親子関係を断ちきり,養親が養子を実子と同じ扱いとする縁組のことをいいます。原則として養子は6歳未満である必要があり,子が6歳に達する前から養親となるものに引き続き監護されていた場合には8歳未満である必要があります。

 

一覧に戻る