小原・古川法律特許事務所

小原・古川法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原・古川法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で、弁護士にお繋ぎいたします。
ご相談の内容によっては、対応できない事案もございますので予めご了承ください。

小原・古川法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

HOME »  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問

Q56,私は日本の大学で4年間在籍し,卒業後日本の会社に就職して1年が経過しました。現時点で申請すれば帰化は許可されますか。

外国人雇用・入管サポート

帰化が許可される条件として,国籍法により「引き続き5年以上日本に住所を有すること」と規定されています。

       しかし,実務上は「住所」としての一定の定着性が認められるためには「3年の就労・納税」も要求されます。よって,大学に4年間在籍の後,就職して1年を経過したというような状況の場合には,たとえ5年間日本に在籍していたとしても,この実務上の要件を満たさないため現時点では帰化は許可されないことになります。

 

一覧に戻る