小原・古川法律特許事務所

Q31,協議で財産分与について取決めをしましたが、なにか書面で残しておくほうがよいのでしょうか。 | 大阪の弁護士事務所法律相談なら小原・古川法律特許事務所へ

お問い合わせ

受付時間 平日 9:00〜19:00 土曜 9:00〜17:30 ※予めご予約の上、ご来所ください

小原・古川法律特許事務所について

弁護士等紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

HOME »  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問

Q31,協議で財産分与について取決めをしましたが、なにか書面で残しておくほうがよいのでしょうか。

離婚

協議で財産分与を合意した場合でも、公正証書を作成することによって履行を確実にすることができます。

公正証書の中には、金銭請求に関し、義務者が義務を怠った場合には、「直ちに」強制執行に服する旨の陳述をさせることで(強制執行認諾文言)、訴訟をしなくても強制執行を行うことができます。

 

一覧に戻る