小原法律特許事務所

小原法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で、弁護士にお繋ぎいたします。
ご相談の内容によっては、対応できない事案もございますので予めご了承ください。

小原法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

法人のお客様
  • 国際紛争・英文契約
  • 企業法務
  • 知的財産
  • 企業倒産・民事再生
個人のお客様
  • 離婚・国際離婚
  • 外国人トラブル
  • 相続・国際相続
  • 交通事故・その他依頼
セミナーのご案内

外部リンク

  • 離婚解決NAVI
  • 国際紛争解決
  • 在留資格・入管サポート
  • OLO英文契約
  • マイベストプロ大阪
  • R MEMBER
HOME»  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問一覧

国際離婚 Q58.返還実施者はどのような者がなるのですか。
国際離婚 Q57.代替執行では、私が仕事をしている間に子供が解放実施者に連れて行かれることがありうるのですか。
国際離婚 Q56.解放実施とは、実際に誰かが子を連れて行くのですか。
国際離婚 Q55.代替執行とはどのような方法ですか。
国際離婚 Q54.間接強制とはどのような方法ですか。
国際離婚 Q53.履行勧告に応じない場合はどうなりますか。
国際離婚 Q52.返還裁判の結果、子の返還を命じる判断がなされましたが、TPが子を任意に引き渡しません。どうすればよいのですか。
国際離婚 Q51 .返還裁判のために相手方が日本に来ています。相手方は子のパスポートを持っていると思います。子供が連れ去られないか不安ですが、なにか方法はありますか。
国際離婚 Q50.返還裁判を申立てられました。相手が裁判の時に日本に来て、子供を連れ去らないか不安です。どうすればよいのですか。
国際離婚 Q49.即時抗告ができる期間はいつまでですか。
国際離婚 Q48.裁判所の決定に対し満足できない場合、不服申立できるのですか。
国際離婚 Q47.返還裁判を申立てられました。私は裁判で返還についてのみ判断されるのであれば、今後のことも含めて相手と話し合ってみたいのですが、どうすればよいのでしょうか。
国際離婚 Q46.子の返還については裁判以外では解決できないのでしょうか。中央当局が行う「合意による解決のためのあっせん」とはどのような手続きですか。
国際離婚 Q45.裁判では親権についての判断をしてもらえないのですか。
国際離婚 Q44.返還が認められると、子は夫のもとに返されるのですか。
国際離婚 Q43.私は子を連れて日本に帰ってきました。返還裁判を申立てられましたが、子は夫の国に絶対に戻りたくないと意思表示しています。この場合には返還を命じられることはありませんか。
国際離婚 Q42.私は子2人を連れて日本に帰ってきました。子は上が13歳で下が4歳です。上の子は明確に夫の国に帰りたくないと意思表示していますが、下の子はよく理解できていないようです。この場合にはどのような返還拒否事由の主張が可能ですか。
国際離婚 Q41.私は子2人を連れて日本に帰ってきました。返還命令を申立てられた時点で上の子は16歳になっており対象になっていません。そうすると下の子だけが返還命令によって夫の国に返還される可能性があります。兄弟が離れ離れになることはどうしても避けたいのですが、どのような返還拒否事由の主張が可能ですか。
国際離婚 Q40.夫はこれまで私に対し激しい暴力を振るってきました。その姿を見てきた子は夫を非常に恐れています。このような場合はどのような返還拒否事由の主張が考えられますか。
国際離婚 Q39.監護権の侵害を伴う国境を越えた移動がある場合、子が16歳以下であれば常に返還が命じられるのですか