小原法律特許事務所

小原法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

電話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で弁護士にお繋ぎ致します。
また、弁護士が来客中等の場合は後程ご回答させていただくことがございます。ご了承くださいませ。

小原法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

法人のお客様
  • 国際紛争・英文契約
  • 企業法務
  • 知的財産
  • 企業倒産・民事再生
個人のお客様
  • 離婚・国際離婚
  • 外国人トラブル
  • 相続・国際相続
  • 交通事故・その他依頼
セミナーのご案内

外部リンク

  • 離婚解決NAVI
  • 国際紛争解決
  • 在留資格・入管サポート
  • OLO英文契約
  • マイベストプロ大阪
  • R MEMBER
HOME»  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問一覧

離婚 Q39,離婚後婚姻前の氏に戻りましたが、3カ月を過ぎてから、婚姻中の氏を称したいと考えるようになりました。できるのでしょうか。
離婚 Q38,離婚をすると妻や子供の氏や戸籍はどうなるのでしょうか。
離婚 Q37,年金分割の手続きをすればすぐに年金がもらえるのですか。
離婚 Q36. 年金分割を受けるにはどのような手続きが必要ですか。
離婚 Q35,年金分割の割合に合意できない場合はどうするのですか。
離婚 Q34,40年間連れ添った熟年夫婦が離婚した場合には、妻が元夫の年金の半分をもらえると聞きましたが、本当ですか。
離婚 Q33,離婚の際の慰謝料の相場はいくら位ですか。
離婚 Q32,離婚に際し、慰謝料を請求できるのですか。
離婚 Q31,協議で財産分与について取決めをしましたが、なにか書面で残しておくほうがよいのでしょうか。
離婚 Q30,財産分与の請求はどのような方法によるのですか。
離婚 Q29,離婚に際し、財産分与の請求をしませんでしたが、今からでも請求できるのでしょうか。
離婚 Q28,私は妻に財産を分与しましたが、税金がかかりますか。
離婚 Q27,財産分与によって私が自宅不動産を取得しました。この場合に、私には税金がかかるのでしょうか。
離婚 Q26,夫は、私と婚姻している間に、両親を亡くし、遺産を相続しました。相続によって夫が取得した預金や不動産を財産分与として請求できるのですか。
離婚 Q25,生命保険は財産分与の対象となりますか。
離婚 Q24,夫は大企業に勤めており、多額の退職金をもらうことは確実ですが、退職金まだもらっていない以上は財産分与の対象とはならないのでしょうか。
離婚 Q23,財産分与の対象となる財産とはどのようなものですか。
離婚 Q22,私達夫婦の場合、住宅、車、預金、保険等の財産は夫名義のものがほとんどですが、離婚によってこれらは誰のものになるのでしょうか。
離婚 Q21,面会交流がきちんと履行されません。どうすればよいですか。
離婚 Q20,通常は月に何回程度面会交流が認められるのですか。
  • 1
  • 2