小原法律特許事務所

小原法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で、弁護士にお繋ぎいたします。
ご相談の内容によっては、対応できない事案もございますので予めご了承ください。

小原法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

法人のお客様
  • 国際紛争・英文契約
  • 企業法務
  • 知的財産
  • 企業倒産・民事再生
個人のお客様
  • 離婚・国際離婚
  • 外国人トラブル
  • 相続・国際相続
  • 交通事故・その他依頼
セミナーのご案内

外部リンク

  • 離婚解決NAVI
  • 国際紛争解決
  • 在留資格・入管サポート
  • OLO英文契約
  • マイベストプロ大阪
  • R MEMBER
HOME»  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問一覧

外国人トラブル・入管法 Q53,永住申請をしたいのですが,以前道路交通法違反をしたことがある場合には許可されませんか。
外国人トラブル・入管法 Q52,永住許可の要件のなかの素行が善良であることとは具体的にどのようなことを意味しますか。
外国人トラブル・入管法 Q51,私は現在技術の在留資格で日本に居ますが,妻の連れ子(4歳)を家族滞在で日本に呼ぶことはできますか。
外国人トラブル・入管法 Q50,借金があるのですが,帰化できますか。
外国人トラブル・入管法 Q49,現在留学の在留資格で日本語学校に通っています。今年の春からは,大学生となり,日本の大学に通いますが,在留資格はどうなりますか。
外国人トラブル・入管法 Q48,帰化の申請をしたいのですが,どの程度の日本語能力が必要でしょうか。
外国人トラブル・入管法 Q47,私は,日本に在留して今年で10年目になります。現在は技術のビザを持っており,在留期限まであと3ヶ月ですが,今回は永住ビザを申請しようと思っています。申請の際何か気をつけることはありますか。
外国人トラブル・入管法 Q46,留学生の在留資格で在留していますが、ネットオークションに商品を出品することに問題ありませんか。
外国人トラブル・入管法 Q45,外国特有の建設にかかわる場合外国人建築技術者を招聘できると聞きましたが,具体的にはどのような建築方法の場合に招聘が可能なのでしょうか。
外国人トラブル・入管法 Q44,私は外国の大学の学生ですが,日本にインターンシップで来日するには,どのような在留資格になりますか。
外国人トラブル・入管法 Q43,私は留学生として日本に在留していましたが,大学を卒業し,就職活動のため在留資格を特定活動に変更しました。いままでのようにアルバイトをすることはできますか。
外国人トラブル・入管法 Q42,中国人である私は,日本で会社を経営していますが,初めて従業員を雇い入れる際,日本の労働基準監督署に書類を提出する必要があると聞きました。具体的にはどのような書類を提出する必要があるのでしょうか。
外国人トラブル・入管法 Q41,中国人である私は,日本で会社を経営していますが,初めて従業員を雇い入れる際,日本の労働基準監督署に書類を提出する必要があると聞きました。具体的にはどのような書類を提出する必要があるのでしょうか。
外国人トラブル・入管法 Q40,現在「投資・経営」の在留資格で在留していますが,会社の経営管理ではなく現場の仕事をする場合には資格外活動となりますか。
外国人トラブル・入管法 Q39,日本の会社で3年間駐在していましたが,その時給与から天引きされていた厚生年金保険は掛け捨てになるのでしょうか。
外国人トラブル・入管法 Q38,ワーキングホリデーで日本に在留したいのですが,在留資格は何になりますか。
外国人トラブル・入管法 Q37,「投資・経営」の在留資格における投資額には会社の借金も含まれますか。
外国人トラブル・入管法 Q36,投資・経営の在留資格を持っていますが,経営管理にあたる活動の他に,現場で業務に従事することは問題ありませんか。資格外の活動となるのでしょうか。
外国人トラブル・入管法 Q35,外資系企業の職員として「人文知識・国際業務」の在留資格で在留していましたが,この度新たに管理者としての職に就任することとなりました。在留資格はこのままでいいですか。
外国人トラブル・入管法 Q34,夫が留学の在留資格を持っており,私は家族滞在で在留していましたが,夫が就職活動のため在留資格を特定活動に変更しました。私の在留資格はこのままでいいですか。 夫が留学の在留資格を持っており,私は家族滞在で在留していましたが,夫が就職活動のため在留資格を特定活動に変更しました。私の在留資格はこのままでいいですか。