小原法律特許事務所

小原法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で、弁護士にお繋ぎいたします。
ご相談の内容によっては、対応できない事案もございますので予めご了承ください。

小原法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

法人のお客様
  • 国際紛争・英文契約
  • 企業法務
  • 知的財産
  • 企業倒産・民事再生
個人のお客様
  • 離婚・国際離婚
  • 外国人トラブル
  • 相続・国際相続
  • 交通事故・その他依頼
セミナーのご案内

外部リンク

  • 離婚解決NAVI
  • 国際紛争解決
  • 在留資格・入管サポート
  • OLO英文契約
  • マイベストプロ大阪
  • R MEMBER
HOME»  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問一覧

外国人トラブル・入管法 Q33,私は中華料理店を経営していますが,さらに本場の味を追求するため中国から調理師を招聘しようと思っています。入管法上店の規模などに基準はありますか。
外国人トラブル・入管法 Q32,ソムリエをレストランで雇用したいのですが,どのような要件を満たす必要がありますか。
外国人トラブル・入管法 Q31,企業から内定をもらい実際に働くまで,「特定活動」の在留資格で在留していますが,アルバイトをすることはできますか。
外国人トラブル・入管法 Q81,日本で働いていたとき、年金受給のために税金を納めていました。その後海外に住むことになっても年金はもらえますか。
外国人トラブル・入管法 Q30,正社員ではなく派遣社員でも,人文知識・国際業務の在留資格を取得できますか。
外国人トラブル・入管法 Q29,短期大学卒業ですが,人文知識・国際業務の在留資格を取得できますか。
外国人トラブル・入管法 Q28,日本の大学を卒業した後,就職活動のために日本に在留し続けたいのですがどうすればよいですか。
外国人トラブル・入管法 Q27,私は,中華料理店を営んでいますが,中国より調理師を招聘したいと思っています。どういった点に注意すればよいですか。
外国人トラブル・入管法 Q26,「人文知識・国際業務」の在留資格をもって,日本の会社働いていますが,会社を退職したらどうなりますか。
外国人トラブル・入管法 Q25,人文知識・国際業務」の在留資格をもって,通訳の仕事をしていますが,夜間に大学に通っても問題ありませんか。
外国人トラブル・入管法 Q24,外国会社から一時的に当社(日本の会社)に出向してきている外国人労働者はすべて外国の会社より給料が支払われ,当社は一切給与を支払わないのですが問題ありませんか。
外国人トラブル・入管法 Q23,外国会社から一時的に当社(日本の会社)に出向してきている外国人労働者も労災保険の対象となりますか。
外国人トラブル・入管法 Q22,外国人雇用とカテゴリー制について説明してください。
外国人トラブル・入管法 Q21,外国にある会社から1年間の転勤命令がでて,現在「企業内転勤」で日本に在留していますが,更新はできますか。
外国人トラブル・入管法 Q20,外国の関連会社から外国人を日本の会社へ出向させたいのですが,可能でしょうか。
外国人トラブル・入管法 Q19,外国人雇用状況届出書とはなんですか。
外国人トラブル・入管法 Q18,「人文知識・国際業務」の在留資格をもって英会話学校で働いていましたが,会社を退職し,個人的に英会話教室のための会社を開業したいと思っています。ビザはこのままでいいですか。
外国人トラブル・入管法 Q17,外国人登録原票記載事項証明書は、現在は発行されないのでしょうか。
外国人トラブル・入管法 Q16,在留期間変更許可申請後の在留期限後2カ月までの特例期間中にみなし再入国による出国はできますか。
外国人トラブル・入管法 Q15,在留資格更新や在留資格変更時における特例期間とはなんですか。